最強と謳われた少女の爽快バトルアクション!
『とある科学の超電磁砲』




はじめまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です🌊


みなさん、もし自分に超能力が使えるとしたらどんな能力を使ってみたいですか?


今回は超能力が使える世界を舞台にした大人気アニメを紹介します🌱


そのアニメは…

『とある科学の超電磁砲』

媒体
アニメ

ジャンル
サイエンスファンタジー、
バトルアクション





あらすじ

舞台は、近未来の巨大な都市『学生都市』とよばれる学生の街。


そこの生徒はみんな何かしらの能力を持っていて

『無能力』(レベル0)から『超能力』(レベル5)までレベル分けされていた。


主人公・御坂美琴(みさか みこと)は電気を操る超能力者、レベル5。

彼女はこの能力を使って、困っている人たちを助けていた。


そんな御坂美琴にも親しい仲間がいた。

美琴好きが爆発している変態の白井黒子(しらい くろこ)
戦闘が苦手だけど情報スキルがすごい初春飾利(ういはる かざり)
レベル0だけど元気な佐天涙子(さてん るいこ)


こんな仲間たちと励まし合い、ときにはぶつかり合って

強い敵をたおしていくアクションストーリー!





感想

とあるシリーズって最終話になると一気に気持ちが高ぶるんですよね↗️↗️


今回も涙が出そうになりました😢

もう年なんですかね…




時系列的には『とある魔術の禁書目録』より前になるので上条当麻が全然出てこなかったのが残念です🌀

やっぱり個人的には御坂美琴と上条当麻のやりとりが大好きなので⚡️




それでもストーリーがしっかりしているので

ずっと楽しませていただきました‼️




レベルの低い人が楽な道を選ぼうとして葛藤したり

はたまたレベルの高い人がひどいことを言ってそれを悔やんだり




登場人物の内面部分を垣間見られるとそこに共感しちゃいますよね💭


そういったシーンも魅力的ですが…

やはり超能力者たちのバトルシーンはハラハラドキドキして興奮します。

それで勝ったときの爽快感!!✌️



アクションとかが好きな人はぜひ見てください😊



fin

とあるシリーズ
 『とある魔術の禁書目録』レビュー
   https://fictiontaro.com/2020/04/10/(新しいタブで開く)

 『とあるシリーズ』見る順番
   https://fictiontaro.com/2020/04/11/(新しいタブで開く)

前回のレビュー https://fictiontaro.com/2020/04/15/(新しいタブで開く)

次回のレビュー https://fictiontaro.com/2020/04/17/(新しいタブで開く)