『ビュリダンのロバ』
自由気ままに選択せよ

はじめまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です。

またまた哲学的思考実験をお持ちしました。

今回の思考実験は今まで聞いたことがなかったです。自分の知識不足を呪うばかりです。

まあ、でも無知の知ってことで、ポジティブにやっていきます。

今回紹介する思考実験は、『ビュリダンのロバ』です。

『ビュリダンのロバ』

あらすじ

1匹のロバが飢えと渇きで苦しみながら、道を歩いていました。

すると2本の分かれ道に行き着きます。

ふと見てみると、片方の道には水桶が、もう片方の道には干し草が置いてあったのです。

どちらに行くか迷ったロバは結局どちらにも行くことができずに、餓死してしまいます。

解説

理性や理論を重要視しすぎるのではなく、ときに自由な意思による選択が必要であることのたとえ話とされています。

決断をするときに選択肢を深く検討することはとても大切です。しかし考えすぎると、どの選択肢もなくなって手元に何もなくなってしまうことがあります。ときに優柔不断は大きなチャンスを逃してしまうかもしれません。

ある程度のテキトーさが大事かもしれませんね。

『ビュリダン』ってなんなんだろって気になったので調べてみました。

一説によると、ジャン・ビュリダンというフランスの哲学者が理論や理性をとても重視する人で、彼の理詰めな主張に対して反対するときに、このたとえ話が使われたとか…

ふと思ったんですが、人が『ビュリダンのロバ』並みの選択をするときどちらかを選んだら、逆のほうが良かったかもしれないって絶対思っちゃいますよね。一種の後悔というか。それがとてもストレスになることは間違いないです。

たとえば、気になる本が2つあるけど金銭的に1つしか買えないとします。直感で「こっち!」って選ぶと、残った方がとても気になりませんか?

直感で選ぶことは意外と大変なのかもしれませんね。

fin

前回のレビュー 『テセウスの船』|あなたならどう考える?

次回のレビュー 『囚人のジレンマ』|自白するかしないか選べ!