コレラ
19世紀世界で大流行

はじめまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です。

コレラは聞いたことあるけど詳しくは知らないって方が多いのではないのでしょうか?

私もコロナとコレラが混同して訳わからなくなってました。

調べてみるとコレラは昔、世界中の人々を苦しめていました…

コレラ

コレラとは?

現在流行しているコレラは、19世紀以前に流行し、たくさんの犠牲者を出したコレラとは異なる型のコレラです。病原性も弱く、死亡率も2%程度と言われています。

どうやってうつる?

コレラ菌に汚染された水や食料を摂取することにより感染します。

症状

感染して数時間から5日間の症状のない期間があった後、軽度の下痢または嘔吐が起こります(何の症状もない場合も少なくありません)。重症の場合、「コメのとぎ汁のような水様性便」が大量に(1日10リットル~数十リットル)排泄され、ただちに治療を行わないと死亡する可能性があります。

治療

抗生物質の投与と、下痢によって失われた水分を補給するための水分補給が行われます。

予防

コレラが流行している国では、生水、氷、生の魚介類を避けましょう。氷の上に飾られたカットフルーツや誤って飲んだプールの水から感染した例もあります。海外では、コレラに感染するリスクの高い海外渡航者に対し、経口コレラワクチン(不活化ワクチン)も使用されています。日本では承認されている経口コレラワクチンはなく、一部医療機関で輸入ワクチンを接種しています。

コレラの歴史

コレラはもともとインドの風土病でした。

しかしインドがイギリスの植民地になってから世界各地に感染がひろがりました。ちょうど19世紀の頃です。

日本で初めて流行したのは、江戸時代後期。つまり外国と交流しだした頃です。

コレラは外国からもたらされた病気であることから、コロナの流行は攘夷運動に拍車をかけました。

当時、コレラは感染すると瞬く間に死に至るので、「三日コロリ」「虎列刺(これら)」「虎狼痢(ころり)」「暴瀉病(ぼうしゃびょう)」と呼ばれ、非常に恐れられていました。

危険のある地域

アフリカ、アジア、中南米の一部の地域で流行しています。

fin

前回のレビュー 『インフルエンザ』|年間死者数1万も!?

次回のレビュー