『異邦人』
フランスの文才を有名にした作品

はじめまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です。

現在、新型コロナウイルスの影響で、とある作品が話題になりました。

それはアルベール・カミュの『ペスト』という小説です。

ペストという感染病が蔓延して街がロックダウンしてしまう内容で、まさに今の現状を表していますよね。

今回は、そんなフランスの文才の『異邦人』を紹介します。

『異邦人』

作者 アルベール・カミュ

媒体 小説

ジャンル 不条理文学

こんな人に読んでほしい

・フランスの文学をはじめて読む
・自分は他の人と違うかも
・周りの価値観に嫌気がさしている

あらすじ

「きょう、ママンが死んだ」

母の死を知らせる電報が、アルジェリアに住む主人公・ムルソーのもとに届けられた。

葬儀前後も母の死に何の感情も抱かず、ムルソーは普段と変わらぬ生活を送っていた。

そんなある日、彼は現地のアラブ人たちによるトラブルに巻き込まれてしまう。

そこでムルソーはなんと彼らを射殺してしまった。しかも1発撃った後に4発続けて。

こうして殺人の罪に問われたムルソー。その裁判で彼はとんでもない価値観を見せつけていくのだった…

感想

異邦人ってタイトル、ほんとうにこの小説を表している気がします。

母の死に何の感情も抱かない、太陽がまぶしくて人を殺す、死刑を目前として平気でいる、こんな行動をムルソーはとっていきます。周りからしたら常識はずれですよね。まさに『異邦人』です。

しかしムルソーからしてみれば先ほどの行動が常識なのであって、周りの価値観は常識はずれなのです。周りの人たちこそが『異邦人』なのです。

自分の常識ではなく、周りの常識でムルソーは非難され裁かれてきます。本当に不条理ですよね…

レビュー

この本をまだ読んでいない人はとても幸せだと思います。これからこの本の衝撃を体験ができるチャンスが待っているのですから。私ももう一度まっさらな気持ちでこの本の衝撃を受けることができればと願ってやみません。
(hontoより)

冒頭1行目の「きょう、ママンが死んだ。」と裁判の最後での、殺人の動機を「太陽が眩しかったから」という主人公の男のセルフが有名。母親が死んでも涙を流さないし、アラブ人を殺してしまうし、血も涙もない男に周りからは思われてしまう。そんな男に肩入れしてしまう私はいったい・・・
(hontoより)

フランス文学の中でも、かなり有名な部類にはいるこの作品。男を殺してしまった主人公は、自分とは何か、なぜ殺したのかを、考え抜く。主人公の気持ちに寄り添えるようで、最後のところはわからない。深みのある作品。
(hontoより)

基本的に無感動な主人公が不条理な運命に巻き込まれるというのが大まかな内容です。
主人公の結末はほんとうにこれで良かったのか、考えてしまいますね……
(hontoより)

fin

前回のレビュー 『とある科学の一方通行』|主人公はなんとアクセラレータ!

次回のレビュー 『はたらく魔王さま!』|魔王さまがアルバイト!?

『旅のラゴス』 
生涯をかけて旅をする目的とは…

はじめまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です。

今回は『旅のラゴス』を紹介します。

ちゃんとしたSFの冒険小説を読んだことは初めてでした。最初は慣れなかったんですけど、どんどんこの作品の世界にのめり込んでいきました。

作者の気持ちになってみると、こんな壮大な世界を作り上げるのって素直に感心してしまいます。

『旅のラゴス』

作者 筒井 康隆

媒体 小説

ジャンル SF

あらすじ

北から南へ、そして南から北へ。

突然高度な文明を失った代償として人々が超能力を獲得しだした世界で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。

集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か?

異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編。

感想

最初は退屈だったんですけど、途中からどんどん惹き込まれました。

フランスの小説家・ヴェルヌ『80日間世界一周』と似たような展開でした。読み進めると徐々にワクワクしていきます!

旅をするラゴスに様々な困難が降りかかるんですが、その困難は悪だけではありません。愛情も旅をするラゴスに立ちはだかるんですよ。その場面がツラい、けどすごいリアルですよね。

ラゴスが学問の書物を読みふけるシーンがあるんですけど、どういったジャンルから読むべきか順序立てていたんです。最初は歴史から学んで、哲学はまだ勉強すべきじゃないみたいな…  でこの勉強する順序って作者・筒井さん自身の考えなのかなって思いました。なのでフィクション太郎もこの順序で勉強してみようかな。

普段は恋愛やラブコメが好きなのですが、久しぶりの冒険小説も悪くないですね。

レビュー

目的などどうでもいい。旅そのものが目的なのです。そして旅は人生と置き換えられることに気付かされます。
(hontoより)

SF とファンタジーの中間のような話なので専門知識も少なく読みやすい。駄目なSF に有りがちな独りよがり感も無く読後感も良い。3時間位で一気に読んでしまった。満足。
(hontoより)

ポイント期限が迫っていたので、定価が安くて面白そうな本を買おうと思い、この本を選びました。内容が面白く、ページ数も手ごろだったために一気に読んでしまいました。また、注文してから手元に届くまでの時間も短くて良かったです。
(hontoより)

放浪の末に王となる、主人公・ラゴスの数奇な運命に引き込まれます。道中に立ち寄った巨大な図書館で、貪るように本を読むシーンが特に好きです。
(hontoより)

fin

前回のレビュー 『恋は雨上がりのように』|心にしまわれた自分の約束を果たすために

次回のレビュー 『とある科学の一方通行』|主人公はなんとアクセラレータ!

青春小説の金字塔
『君の膵臓をたべたい』




はじめまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です🌊

今回は『君の膵臓をたべたい』、通称『キミスイ』を紹介します🌱

そういえば昨日NHKでアニメ映画やりましたね。

フィクション太郎は見てないんですけど😅

『キミスイ』は小説で読んだんですけど、読み終わった今は昨日テレビで見てみたかったなと後悔している今日この頃です。




『君の膵臓をたべたい』

作者 住野 よる

媒体 小説

ジャンル 青春





あらすじ

友達もつくらず小説ばかり読んでいる内向的な高校生の僕は、ある日病院でとある文庫本を拾う。

そのタイトルは『共病文庫』。

それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。

その冒頭には、彼女が膵臓の病気で余命いくばくもないといった内容が書かれていた。

そこから僕は山内桜良と出会い、単調だった人生が色づき始める。

読後、きっとこのタイトルに涙する、青春小説の金字塔!





感想

ラストで明かされる『共病文庫』の内容、そして語り手である『僕』による独白が感動的でした。泣くなと言う方が無理な話…

自分の世界で完結できる『僕』、みんなと世界をつくりあげる『桜良』、正反対の二人が互いに補い合ってなくてはならない関係を築いていったんですね。もちろん彼ら自身の選択で。

フィクション太郎も語り手である『僕』と似たような性格をしているので、この小説を読んですこし戸惑ってしまいました。なぜなら彼は変わったから。

フィクション太郎は変わらない理由を必死で探しています。おそらくそっちの方が都合が良いからでしょうけど。今後自分がどういった人間関係を築いていくのかもう一度考えさせられた作品でした。

人との距離感で悩んでいる人は読んでみたら、もしかしたら解決の糸口がみつかるかも…




レビュー

自分が変わらなければはじまらない。そんなことは誰でも理解している。できないだけ。だってどうやればいいかわからないから。この物語は自分を変える。変えられるようになるおまじないが隠れていると思う。
(hontoより)

時間をかけて読みたかったけど、気づいたらあっという間に読み終えていました。桜良の明るさに元気を貰いました。映画化もされるみたいで楽しみです。
(hontoより)

日々の無意識な所作にも、自分の意志で選んだと考えるのは素敵。自分に当てはめて考えたときに、たった一日でもたくさんの選択をしていることに気が付いた。運命に生かされるのではなく、自分の意志で生きようとする姿に感動した。
(hontoより)

似たような小説(映画ドラマ化されてました)があったのを思い出しました。「僕」の気持ちになって読んでみると、深く入れる作品だと思います。
(hontoより)

fin

前回のレビュー https://fictiontaro.com/2020/05/02/21/(新しいタブで開く)

次回のレビュー https://fictiontaro.com/2020/05/05/13/(新しいタブで開く)

なにが正しいなんて誰にも分からない
『何様』




はじめまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です🌊

今回は『何様』を紹介します🌱

『何者』や『桐島部活やめるってよ』で有名な朝井リョウの短編小説です。


この朝井リョウさん、経歴がけっこうすごいんです👀 

高校時代はバレーボール部に所属、体育祭の応援団長も務めてます。

けっこうアクティブですね💪

その後、早稲田大学文化構想部っていう作家志望者の多いところに入学します。

で、朝井さんの入ったサークルがめちゃくちゃ意外なんですよ

なんとストリートダンスサークルに所属しました‼️

朝井さん曰く、他の作家志望者がバカにしそうなサークルに入ったのだとか…

大学在学中に作家デビューした朝井さんでしたが、卒業後は会社員になって、2015年まで兼業作家をやっていました。

限られた時間のなかですごい作品を残すって並々ならぬ努力だったんですかね💦




『何様』

作者 朝井リョウ

媒体 小説

ジャンル ヒューマンドラマ




あらすじ

生きていくことは、何者になったつもりの自分に裏切られ続けることだ。

人は生きていく上で、なにかの仮面を被っている。高校生は高校生らしく、父親は父親らしくというように…

光太郎の初恋
理香と隆良との出会い
社会人になったサワ先輩
烏丸ギンジの現在
瑞樹の父親に起こった出来事
拓人と一緒に面接を受けた学生のその後

「就活」の枠を超えた人生の現実が描かれる。

朝井リョウ代表作『何者』のアナザーストーリー!!





感想

『何様』は、映画化もされた『何者』のスピンオフなんですけど、その要素はそんなに強くなかったです。

この小説を読んでみて、耳がとても痛くなりました😥

心が毎回エグられました。いままで自分は正しい人間だと思っていたことがとても恥ずかしいです。それぐらい丸裸にされました。

最初の章・『水曜日の南階段』ではとても純粋に楽しめていました。しかしその次の章から登場人物の弱さがフィクション太郎の弱さとリンクしすぎて、しばらくショックを受けました。このような小説に出会ったのはとても久しぶりなのでうれしい反面、メンタルにきています⚡️

もう一度自分を見つめ直すいい機会なので、ぜひ読んでみてください!




レビュー

何者のスピンオフという言い方が正しいかはわからないけれど… かの作品に出ていた人たちの持っている物語集。表題作「何様」は結局どこに向かうのかピンとこなかったけれど、そのほかはそれぞれ朝井リョウの持つ筆力が存分に出ている作品だと思う。「何者」からのつながりを意識していると1作目の「水曜日の南階段はきれい」はなかなか意表を突かれる。「逆算」のおふたりはさそり座とてんびん座。相性はとてもいいですよ。
(hontoより)

何者をほとんど忘れてしまっている(というのは語弊があるんですが)ので、短編集として楽しみました。このあと何者を読み返そうかな。いやもうほんと……安定の朝井さん……日常にあるじくじくとした、特筆するほどでもないが自分に引っかかっている瑣末な事象に対する「どうして引っかかるか」の言語化がとっても上手でっていうかなんかもうシャープでえぐるえぐる私の心を。
(hontoより)

「何者」未読。若林さんの解説まで込みで成立していると感じた。「何様なの?」を突きつけられた。衝撃。これだから朝井リョウこわい。気持ち悪い。きっとそろそろわたしも役割が変わる事を求められる時期なのだろう。長くこの位置にいたということだ。「何者かになろう」だなんてそれこそ「何様だ」とおもっていた。でも、そうじゃなかった。それだけ じゃなかった。何者かになんてなれないことですら「何様」なのだ。気づいてしまった!!これが読書!!と思った端からぽろぽろと零れていくかのような自信のなさ。しかしこれですら「本気の一秒」を信じて見つめながら一歩ずつ進むのみなのだ。
(hontoより)

「何者」のスピンオフ。登場人物や彼らに関連する人物が、就活以外のところでも悩む。心理描写や比喩表現が巧みに感じる。前作で主人公が斜に構えて評価してた人物の背景に厚みがでてきて、良い。
(hontoより)

fin

前回のレビュー https://fictiontaro.com/2020/04/30/14/(新しいタブで開く)

次回のレビュー https://fictiontaro.com/2020/05/02/21/(新しいタブで開く)

幸せを運んでくれる短編小説
『アイネクライネナハトムジーク』




はじめまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です🌊


みなさんは小さな奇跡を信じますか?

たとえば…

お釣りをちょっぴり多くもらったり
いつもより早く起きた
何年ぶりの旧友に出会ったり

そういうのでいいんです😊


今回は、そんな小さな奇跡が積み重なった小説を紹介します🌱

その小説は…

『アイネクライネナハトムジーク』

作者
伊坂幸太郎

媒体
小説

ジャンル
ヒューマンドラマ、恋愛






あらすじ

妻に出て行かれたサラリーマン
声しか知らない相手に恋をしてしまった美容師
自分と似ている父親に嫌悪感を抱く男子高生


人生は楽しいことばかりではない。

むしろ嫌なことのほうが多い。


でもちょっとしたことで奇跡は起こる。

そしてそれはいつもの場所でふとした時にやってくる。


不器用だけどまっすぐな登場人物が織りなすストーリーの数々。

読んでるあなたも惹きこまれる、幸せを束ねた短編小説。





感想

短編小説を読んだのは重松清の『きみの友だち』以来で

とてもなつかしかったです💭


この『アイネクライネナハトムジーク』…

散りばめられた伏線を一気に回収していって

めちゃくちゃおもしろかったです✊


一気に伏線を回収したとき、ちょっと叫んじゃいました😳

短編小説の良いところですよね


映画では、伏線の回収をどうやって表現するのか気になってきました‼️

ちょっくら見てきますね👀

fin

前回のレビュー https://fictiontaro.com/『ヒトラーの大衆扇動術』(新しいタブで開く)

次回のレビュー https://fictiontaro.com/2020/04/16/(新しいタブで開く)

ドタバタ時代劇小説!  ~超高速!参勤交代~

はじめましてとこんにちは、フィクション太郎です😁

最近は自宅にこもり過ぎてつらいです…😥

今年、満開のさくら見たかったな〜

今回は、映画にもなったあのドタバタ時代劇です!

『超高速!参勤交代』

作者
土橋 章宏

媒体
小説

ジャンル
時代劇、コメディ

あらすじ

時代は江戸、徳川吉宗が将軍であったときである。

徳川吉宗の似顔絵イラスト

北の湯長谷藩は、ある日言われる筋合いのない難癖をつけられ、急遽5日以内に江戸へ参勤せよと命じられる。

もし命令にそむけば、湯長谷藩が潰されることは必然。

しかし江戸からちょうど帰ってきた湯長谷藩には時間がなければお金もない、さらには人手もいない。

そんな絶体絶命な状況のなかで、心優しき藩主・内藤政醇は頼りになる家臣と難所を切り抜けていく。

「WOW」と驚く白人女性のイラスト

読者もびっくりする妙案と頓智が繰り広げられる痛快な参勤交代がここに!

感想

時代小説はなかなか読まないので、少し抵抗がありました😅

侍の決闘のイラスト

でも手に取って見ると、ぜんぜん堅苦しさを感じませんでした✨

江戸時代の藩主とかめちゃくちゃ威張っているイメージだったんですけど、領民とも対等に接してくれる心優しい藩主もいるのだなと思い直しました。✌️

踊るお殿様のイラスト

この小説を読んでいて、人柄の良い人には同じような人が集まってくるのだなと思いました!

もうちょっと真面目に生きようかな…

p.s. 中古本だったので、タバコ臭かったです🤢

fin

前回のレビュー https://fictiontaro.com/古見さんは、コミュ症です。(新しいタブで開く)

次回のレビュー https://fictiontaro.com/科学と魔術が対立する世界 〜とある魔術の禁書(新しいタブで開く)

湯を沸かすほどの熱い愛

初めまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です。

今回は、様々な賞を獲得したあの映画の小説版です!

『湯を沸かすほどの熱い愛』

著者
中野量太

ジャンル
ヒューマンドラマ

あらすじ

 夫に逃げられ家業の銭湯を休業することに。そんな中なんとか娘と2人で暮らしていた主人公・双葉は、突然余命2ヶ月の宣告を受けます。

   そこから双葉は「絶対にやっておくべきこと」を実行していきます。それは失踪中の夫を連れ戻して銭湯を再開させること、娘を独り立ちさせること、さらにいままで隠していた秘密を打ち明けること。

銭湯に入る人たちのイラスト(男性)

 銭湯を舞台に熱い熱い家族の愛が描かれています。

感想

素直に感動する作品でした。

200ページくらいで読みやすかったですし。

主人公の双葉を含め登場人物が自身の言動で家族を傷つけて後悔するんですけど、その後勇気を振り絞って家族愛がさらに深まっていく過程がなんかいいですよね。

そんな場面がいくつかあって、その度に満ち足りた気持ちになっていきます。

fin

前回のレビュー  https://fictiontaro.com/ショーシャンクの空に(新しいタブで開く)

次回のレビュー https://fictiontaro.com/昭和元禄落語心中(新しいタブで開く)

サルトル『嘔吐』 ボッチなら読みなさい!

初めまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です!

今回はフランスの小説です! 

ジャン=ポール・サルトル『嘔吐』

 

厳かな感じ…

聞いたことありますか? おそらく若い人にはあまり知られていないと思います。

あらすじ

主人公(アントワーヌ・ロカンタン)は港町で、ある貴族の研究をしていました。

研究の傍ら、図書館で出会った男性と知り合ったり、カフェの女主人と肉体関係をもっていたりして過ごしていました。

しかしそれは単調でとても楽しいとは言えない生活でした。

次第に主人公は普段意識しない当たり前の物・見慣れた人に対して、吐き気に似た感覚にとらわれるようになります。

そんな中、主人公は元恋人と再会・別れを経験します。

そして存在するものには存在する意味がないという考えが吐き気の原因であると気づきます。

同時にその吐き気を逃れられるのは、あるジャズの曲を聴いているときであることにも気づきます。

何か作品を作れば吐き気から逃れられると考えた主人公は小説を書き始めるのです。

登場人物

ロカンタン…主人公

独学者…図書館の本をアルファベット順に読み漁っている。

フランソワーズ…カフェの女店主。ロカンタンのセフレ。

アニー…ロカンタンの元恋人(元嫁?)

主要な登場人物だけ載せました。

レビュー

この作品を読んで思ったのは、ボッチなら共感できる!でした。

主人公がそもそもボッチに近くて、色々なことに対して俯瞰してみている印象を受けました。

例えば、恋愛について。恋愛は自分の時間を潰さなければならず、大変だなと思うシーンがありました。

さらに宗教についてでは、神という一つの信仰対象にみんなが一丸となって祈る行動に、人々はみんなと一緒に何かをすることで悦に入ると考えるシーンがありました。

さすがに考えすぎだよ!

でもボッチは本当にこういうこと考えてしまうんです(笑)

そんなボッチあるあるが面白かったです!

しかし内容は面白いとは言えないです! どちらかというとこの作品は、考え方を養う書物ですね。

吐き気と存在がキーワードになってくるので、読む時は注意してみるといいかもです!

考え方を養いたいという方にはオススメです!あともちろんボッチにも!

ぜひぜひ読んでみてください!

fin

前回のレビュー 今回が初レビューです😬

次回のレビュー https://fictiontaro.com/3月のライオン レビュー(新しいタブで開く)