コレラ
19世紀世界で大流行

はじめまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です。

コレラは聞いたことあるけど詳しくは知らないって方が多いのではないのでしょうか?

私もコロナとコレラが混同して訳わからなくなってました。

調べてみるとコレラは昔、世界中の人々を苦しめていました…

コレラ

コレラとは?

現在流行しているコレラは、19世紀以前に流行し、たくさんの犠牲者を出したコレラとは異なる型のコレラです。病原性も弱く、死亡率も2%程度と言われています。

どうやってうつる?

コレラ菌に汚染された水や食料を摂取することにより感染します。

症状

感染して数時間から5日間の症状のない期間があった後、軽度の下痢または嘔吐が起こります(何の症状もない場合も少なくありません)。重症の場合、「コメのとぎ汁のような水様性便」が大量に(1日10リットル~数十リットル)排泄され、ただちに治療を行わないと死亡する可能性があります。

治療

抗生物質の投与と、下痢によって失われた水分を補給するための水分補給が行われます。

予防

コレラが流行している国では、生水、氷、生の魚介類を避けましょう。氷の上に飾られたカットフルーツや誤って飲んだプールの水から感染した例もあります。海外では、コレラに感染するリスクの高い海外渡航者に対し、経口コレラワクチン(不活化ワクチン)も使用されています。日本では承認されている経口コレラワクチンはなく、一部医療機関で輸入ワクチンを接種しています。

コレラの歴史

コレラはもともとインドの風土病でした。

しかしインドがイギリスの植民地になってから世界各地に感染がひろがりました。ちょうど19世紀の頃です。

日本で初めて流行したのは、江戸時代後期。つまり外国と交流しだした頃です。

コレラは外国からもたらされた病気であることから、コロナの流行は攘夷運動に拍車をかけました。

当時、コレラは感染すると瞬く間に死に至るので、「三日コロリ」「虎列刺(これら)」「虎狼痢(ころり)」「暴瀉病(ぼうしゃびょう)」と呼ばれ、非常に恐れられていました。

危険のある地域

アフリカ、アジア、中南米の一部の地域で流行しています。

fin

前回のレビュー 『インフルエンザ』|年間死者数1万も!?

次回のレビュー 

『旅のラゴス』 
生涯をかけて旅をする目的とは…

はじめまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です。

今回は『旅のラゴス』を紹介します。

ちゃんとしたSFの冒険小説を読んだことは初めてでした。最初は慣れなかったんですけど、どんどんこの作品の世界にのめり込んでいきました。

作者の気持ちになってみると、こんな壮大な世界を作り上げるのって素直に感心してしまいます。

『旅のラゴス』

作者 筒井 康隆

媒体 小説

ジャンル SF

あらすじ

北から南へ、そして南から北へ。

突然高度な文明を失った代償として人々が超能力を獲得しだした世界で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。

集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か?

異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編。

感想

最初は退屈だったんですけど、途中からどんどん惹き込まれました。

フランスの小説家・ヴェルヌ『80日間世界一周』と似たような展開でした。読み進めると徐々にワクワクしていきます!

旅をするラゴスに様々な困難が降りかかるんですが、その困難は悪だけではありません。愛情も旅をするラゴスに立ちはだかるんですよ。その場面がツラい、けどすごいリアルですよね。

ラゴスが学問の書物を読みふけるシーンがあるんですけど、どういったジャンルから読むべきか順序立てていたんです。最初は歴史から学んで、哲学はまだ勉強すべきじゃないみたいな…  でこの勉強する順序って作者・筒井さん自身の考えなのかなって思いました。なのでフィクション太郎もこの順序で勉強してみようかな。

普段は恋愛やラブコメが好きなのですが、久しぶりの冒険小説も悪くないですね。

レビュー

目的などどうでもいい。旅そのものが目的なのです。そして旅は人生と置き換えられることに気付かされます。
(hontoより)

SF とファンタジーの中間のような話なので専門知識も少なく読みやすい。駄目なSF に有りがちな独りよがり感も無く読後感も良い。3時間位で一気に読んでしまった。満足。
(hontoより)

ポイント期限が迫っていたので、定価が安くて面白そうな本を買おうと思い、この本を選びました。内容が面白く、ページ数も手ごろだったために一気に読んでしまいました。また、注文してから手元に届くまでの時間も短くて良かったです。
(hontoより)

放浪の末に王となる、主人公・ラゴスの数奇な運命に引き込まれます。道中に立ち寄った巨大な図書館で、貪るように本を読むシーンが特に好きです。
(hontoより)

fin

前回のレビュー 『恋は雨上がりのように』|心にしまわれた自分の約束を果たすために

次回のレビュー 『とある科学の一方通行』|主人公はなんとアクセラレータ!

男子のアソコってどうなってるの!?

『大上さん、だだ漏れです。』






はじめまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です🌊


今回は、ぼっちだけど青春したい人必見‼️

微エロ青春ラブコメマンガです😻



『大上さん、だだ漏れです。』

作者
吉田丸 悠

媒体
マンガ

ジャンル
微エロ、ラブコメ




あらすじ

「男子のアソコってどうなってんの?」

エロいことに興味しんしんだが、それを周りに隠している女子高生・大上さん

こんなのバレたら高校生活が終わる……

肩身が狭いながらも平和にすごしていたはずが、クラスの柳沼(やぎぬま)くんに触れただけで、思ってたことを口走ってしまった。

一体どういうこと!?

そう、柳沼くんはある体質をもっていた!?

さわりたいけど、さわれない!

純情な妄想がとまらない!思春期エロラブコメ!!




感想

1,2巻を読んだのですが、あんまりエロは気にならなかったです😬

どっちかっていうとラブコメ要素のほうが強いですね

なので女子の方にもおすすめです✨

柳沼くんが今話題の塩顔イケメンで、最高でしたよ👍

今BOOK WALKER というアプリで、1,2巻無料で読めます

気になったらインストールして読んでみてくださいね✋

fin

前回のレビュー https://fictiontaro.com/3月のライオン最新巻(16巻) 発売日いつ?(新しいタブで開く)

次回のレビュー https://fictiontaro.com/人の心を意のままにできる!?<br>『ヒトラーの大衆扇動術』(新しいタブで開く)

古見さんは、コミュ症です。

はじめまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です。

今回は、高校に戻りたくなちゃうマンガです!

『古見さん、コミュ症です。』

媒体
マンガ

作者
オダトモヒト

ジャンル
青春、ラブコメ

あらすじ

コミュニケーションが苦手な人のイラスト(学校)

 平凡な男子高校生・只野仁人(ただの ひとひと)は、波風をたてない普通の高校生活を送ろうと決意していた。

 しかし隣の席には学校一美少女・古見硝子(こみ しょうこ)が座ることになってしまった。古見さんのモテっぷりは男子だけでなく女子からも好かれているほどである。

 見た目だけでなく勉強や運動までできる古見さんは一見完璧ではあるのだが、ある欠点があった。

 それはコミュ症であるということだ。

立ってスマホを使う人のイラスト(女子学生・無表情)

 そのことにいち早く気づいた只野は古見さんと友達になってコミュ症を直す手伝いをすることに…

 友達になった只野と古見さんは少しずつみんなと仲良くなっていき、そんな2人の世界は大きくなっていく。

感想

 コミュ症の古見さんだけでなく他にもインパクトの強いキャラがたくさん登場するので、すごく楽しめました。

集まってお弁当を食べる人たちのイラスト

 このマンガはギャグだけでなく、古見さんと只野の恋愛模様も見どころです。

 「からかい上手の高木さん」を見ているようで、とてもキュンキュンしました!

 高校時代に戻って青春してーーーーー!

fin

前回のレビュー https://fictiontaro.com/昭和元禄落語心中(新しいタブで開く)

次回のレビュー https://fictiontaro.com/ドタバタ時代劇小説!(新しいタブで開く)

3月のライオン レビュー

初めまして、こんにちは、こんばんわ、フィクション太郎です!

今回はアニメ化もされたし実写映画化もされたあのマンガです!

羽海野チカ『3月のライオン』

主人公の桐山零くんです

なかなか3月のライオンの世界観に入るのは大変でした…

けれど一旦その世界観に入ったら、どっぷり浸かってしまいました!

あらすじ

高校入学までずっと孤独を抱えていた主人公・桐山零。

その孤独を紛らわすかのように、ずっと将棋に打ち込んでいました。

それゆえにコミュニケーションを取ることが苦手で、学校でもボッチだったのです。

さらに将棋という厳しい世界のプロになった桐山は壁にぶつかることもしばしば。

そんな孤独な桐山に優しく寄り添うのは、隣町の川本3姉妹。

桐山は川本家にお邪魔することに申し訳なさを感じて、あんまり関わろうとしませんでした。

しかし3姉妹の優しさに桐山はどんどん引き込まれていきます。

そんな将棋と人に真剣に向き合う一人の男の子のお話です。

川本3姉妹です…可愛いですね
登場人物

桐山零:主人公。幼くして両親と妹を亡くしてます。中学 でプロ棋士になるほどの実力があります。

川本3姉妹:長女(あかり)、次女(ひなた)、三女(モモ)。父親に捨てられて母親は他界し、今ではおじいさんと一緒に暮らしています。貧しいながらも幸せに暮らしています。

他にも、桐山のライバルや関係の深い棋士たち、学校の先生や生徒たちも登場します!

レビュー

1つのことにずっと打ち込んでいくということはとても素晴らしく、応援したくなりますよね!

でも本人からしたら1つのことに打ち込むことは、大変で辛いことが多いんですよね

モチベーションは楽しさではなく、勝ったときの達成感の方が大きい気がします

だから辛くなっても続けていられるんです!

でも、辛いことには変わりがない…

そこで心の支えになるような存在がいると、本当に救われます

ほとんど桐山視点になってしまいました(笑)

本当に心が優しくなるマンガでした!

ぜひ読んでみてください!

最新巻・15巻は、12/26 に発売します!

本当に早く読みたいです…

fin

前回のレビュー https://fictiontaro.com/サルトル『嘔吐』-ボッチなら読みなさい!(新しいタブで開く)

次回のレビュー https://fictiontaro.com/ショーシャンクの空に(新しいタブで開く)