ショーシャンクの空に

初めまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です!

今回は名作中の名作、あの映画です!

『ショーシャンクの空に』

刑務所のイラスト
あらすじ

無実の罪で終身刑を言い渡されたアンディー・デュフレーン。殺人の罪で投獄されてから30年になるレッド。この2人が本作の主人公。

舞台はショーシャンク刑務所。

レッドは刑務所の調達屋で、だいたいなんでも調達できてしまう。そんなレッドの元にある男性が刑務所に新人としてやってくる。

アンディー・デュフレーンだ。

アンディーは元銀行員の超エリートで、妻とその不倫相手を殺害したとしてショーシャンク刑務所に送還されてきたのだ。

アンディーは人を避けているようにもみえて、達観して他の囚人を見下しているような印象をレッドは受けた。

他の囚人とは違うアンディーをレッドはなぜか気になっていた。

そんなアンディーからレッドは小さな小さなロックハンマーを調達するように頼まれた。

これ以上語るとネタバレになるので、大まかに。

それからゲイから嫌がらせを受けたり、刑務所の所長や主任から理不尽なことをされたりしていた。

しかしアンディーは決して屈しなかった。なぜなら心の豊かさを失っていなかったからだ。希望を常に抱いていたからだ。

脱獄のイラスト

そしてある朝、点呼のときにアンディーはふと姿を消してしまう。 

アンディーは脱獄したのだ。

そしてアンディーは自由な身となった。刑務所の檻に収まらない鳥だっている。アンディーがまさにそうだ。

今のはアンディーを中心に話したが、本作はレッドの物語でもあり、他の囚人たちの物語でもある。その一人一人のエピソードがあってこその『ショーシャンクの空に』である。

レビュー

2019/12/27、新宿のTOHOシネマズにて観てきました。

これで5回目となるんですけど、名作すぎて何回でも観られます!

泣きながら映画を見る人達のイラスト

今回はスクリーンで観たのですが、本当にスゴかったです!大きなスクリーンで観られて本当によかったです!

内容がすごすぎて濃すぎて…終わった後の余韻に浸りまくってました!

言葉足らずでごめんなさい笑

でもそれくらい興奮してしまうんです! その興奮はワクワクではなく、深く感銘を受けての興奮だと思います!

刑務所は人をダメにしてしまうところなんです。刑務所に入った当初は、刑務所を嫌います。しかし年月が経つとそこに慣れ、シャバでの生活が逆に怖くなってしまうのです。

刑務所が更生する場所?

そうではありません。

刑務所は人を廃人同然にさせる施設です。

他にも感じたこと・思ったことがたくさんあって、困ってます笑 

この作品は何度も何度も観たくなる作品です。

ぜひ一度観てみてください!

名作中の名作です。

Fin

前回のレビュー https://fictiontaro.com/3月のライオン レビュー(新しいタブで開く)

次回のレビュー https://fictiontaro.com/湯を沸かすほどの熱い愛(新しいタブで開く)