300年間解かれることのなかった数学の謎
『フェルマーの最終定理』




はじめまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です🌊



最初に言っときます!

数学に詳しくない方もめちゃくちゃ読みやすいので、拒否反応を起こさないで🙇‍♂️



今回は、『フェルマーの最終定理』を紹介します🌱



みなさん、フェルマーの最終定理という名前を聞いたことはありますか?

フェルマーの最終定理っていうのは、17世紀フェルマーという数学者が残した

xn+yn=zn

(この方程式はnが2より大きい場合には整数解をもたない)

っていう定理なんですけど、それをどうやって証明したかは残しませんでした。

めっちゃ迷惑な話…

それでこの定理を証明しようと多くの数学者が躍起になったけど、なかなか証明できない超難問だったのです。




↓フェルマーの最終定理をもっと知りたい方は、この動画がおすすめ





『フェルマーの最終定理』

作者 サイモン・シン

訳 青木 薫

媒体 文庫本

ジャンル 科学





あらすじ

17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。

「私はこの命題に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」

以後、あまりにも有名になったこの数学界最大の超難問『フェルマーの最終定理』への挑戦が始まったが…

天才数学者ワイルズの完全証明に至る波乱のドラマを軸に、3世紀に及ぶ数学者たちの苦闘を描く、感動の数学ノンフィクション!

(新潮文庫背表紙の紹介文です)





感想

最初この本を手に取ったとき、堅そうだなと思っていました。

なぜなら数学に詳しくないとまったく分からないんじゃないの?って不安だったからです。

しかしいざ読んでみると…とても読みやすく、すぐに惹き込まれました😍



数学が苦手な人でも読みやすくなっています。

著者であるサイモン・シンがどのよう人でもわかるように、素晴らしい文章で書いてくれたのです。

なので私立文系のフィクション太郎でも夢中になって読んじゃいました👀



フェルマーの最終定理は300年もの間謎だっただけに、様々なドラマを生んでいます。

この本はフェルマーの最終定理を証明したアンドリュー・ワイルズを取り上げるだけでなく、この定理の証明に大きく寄与した数学者たちの苦闘をも取り上げています。

フェルマーの最終定理の証明はいろんな人によって完成されたんですね💦



この『フェルマーの最終定理』は読んでみる価値があります。

一生に一度は読むべきなので、手にとってみてください🙏



ps. ある先生がこの本を生徒に読ませたところ、数学の平均点が上がったとか…



fin

前回のレビュー https://fictiontaro.com/2020/04/23/22/(新しいタブで開く)

次回のレビュー https://fictiontaro.com/2020/04/25/17/(新しいタブで開く)