心にしまわれた自身の約束を果たすために
『恋は雨上がりのように』

はじめまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です。

今回は『恋は雨上がりのように』を紹介します。

この作品は、フィクション太郎が大好きなアニメのひとつです。

アニメで2周、マンガで2周してしまいました。

ラブコメディも好きなんですが、この作品では恋愛のシーンには笑いを絶対に入れない。恋愛での登場人物は非常に真剣に描かれていました。

小説で読んでみたいです。

『恋は雨上がりのように』

作者 眉月じゅん

媒体 アニメ、マンガ

ジャンル 恋愛

あらすじ

陸上部のエースだったが怪我で走ることをやめてしまった17歳の女子高生・橘あきらはファミリーレストランでアルバイトをはじめる。

そのアルバイト先の店長・近藤は45歳の中年で、周りのみんなからは“冴えない男”として見られている。

しかしあきらはそんな近藤に対して密かに想いを寄せている。彼女の恋心などまったく気づかない近藤にあきらは徐々に積極的になっていく。

そして近藤と関わっていくうちに、彼があるものに熱い想いを抱いていたことを知る。そしてそれは時と共に色褪せつつあって失いかけている。

夢の途中で立ち止まってしまった二人が織りなす、人生の雨宿りのような物語が今、はじまる。

感想

このアニメは、登場人物が少しずつ本音と向き合うようになっていく作品だなと思いました。

この人と結ばれたい
また走りたい            
夢中になっていたものを取り戻したい

そんな色々な思いにあきらも店長も素直になっていく様を見ると、自分も素直になりたいなと思えるようになってきました。

フィクション太郎はこの作品が大好きで、マンガで1周、アニメで2周しています。ほんとにオススメです。

オープニングもエンディングもどちらとも曲がすばらしいですし
ノイタミナなので絵もすごくキレイです。
そしてなんたってストーリーがしっかりしていて、控えめに言っても最高です。

まだ見ていない方は絶対に見てください!! 必見です!!

そろそろマンガ3周目しようかな…

レビュー

おじさんが読んでも面白い。現実にはありえないだろうけどトキメクお話
(hontoより)

素晴らしい終結のし方でした。ブラボー。わがままを言えばもっと続きが読みたかったけれど作中のあきら同様の気持ちでいこうと思います。作者の最後のあとがきが救いです。
(hontoより)

らアニメ視聴を再開したのですが、なかなか「これだ!」という作品に巡り合えずにいました。そんな折に、ようやくアニメモード全開にしてくれたのが、「恋は雨上がりのように」でした。
(作品データベースより)

原作のストーリーに沿ってはいるものの、店長があきらとの出会いによって自己改変していく過程を描写してるのが原作以上に完成度の高い作品になっている。
(作品データベースより)

fin

前回のレビュー https://fictiontaro.com/2020/05/03/17/(新しいタブで開く)

次回のレビュー