HIV感染症(エイズ)
性交渉の際は気をつけて!

はじめまして、こんにちは、こんばんは、フィクション太郎です。

授業がはじまって想像以上に忙しくなっているので、なかなか作品レビューができてなです。 頑張ります…

なのでレビューしない日は、小話や教養を取り上げたいと思います。

最近、新型コロナウイルスが流行して、感染症に関心が高まってるなと感じたので、いろいろ調べてきました。

今回は、HIV感染症(エイズ)についてお話しします。

みなさんも保健体育で学んだことがあるんではないでしょうか?

「避妊をしっかりしろ!」みたいな…

みなさん、避妊はしっかりしましょうね。

『HIV感染症(エイズ)』

エイズとは?

HIVウイルスに感染し発症すると、他の病気に対する抵抗力がなくなって、いろいろな病気にかかります。病気が進行すると死亡することがあります。

どうやってうつる?

HIVウイルスに感染した人の体液によって感染します。血液、母乳、精液、膣分泌液など…

キス、抱擁、握手といった日々の接触や個人で使用する物、食品、水を共有することでは感染しないです。

性行為で感染することは有名ですが、薬物乱用者でひとつの注射器を回して使うと感染することを最近知りました。

症状

感染して数週間から十数年の症状のない期間があった後、発熱、のどの痛みや倦怠感などの症状が出ることがあります。しかしこの症状は1~数週間で自然に治ります。

その数年後に、リンパ節の腫れ、発熱や下痢を発症し、さらに進行すると肺炎や皮膚病になったり、腫れものができたりします。

治療

定期的に医師の診断を受け、症状を軽くする治療を受けます。ウイルスを完全になくすことはできませんが、いろいろな薬を使うことによってウイルスを抑制し、病気の進行を大幅に抑えることができます。

現在では、HIV=死というわけではないです。医療が進んで、症状の進行が大幅に遅らせることができるので、悲観しすぎないでください。

完治することはないのが、怖いところ…

予防

感染に対する正しい知識を身につけるのが1番予防になります。たとえばコンドームを正しく使用するとか…

あと途上国では医療器具が汚染されていることがありますので、安心できる医療機関を確認することをお勧めします。

危険のある地域

サハラ以南のアフリカ、ロシア、アジア、中南米の一部の地域で流行しています。

fin

前回のレビュー 『囚人のジレンマ』|自白するかしないか選べ!

次回のレビュー 『あの夏で待ってる』|片思いのオンパレード